兼業主婦ホクロおばさんのメンテナンス記録

アラフォーのホクロ除去・歯列矯正・在宅ワークなど

私の在宅ワーク歴:TranscribeMe!

スポンサーリンク

今日からいくつか、過去にやっていた在宅ワークと今やっている在宅ワークについて書いていこうと思います。

数ヶ月で終わったものから、何年もお世話になっているものまでいろいろありますが、あくまでも私の個人的な感想・印象であり、過去のものについては当時の情報です。内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

待機児童問題などで在宅系を検討されているママさんもいらっしゃるようですので、少しでもお役に立てれば幸いです。

数年前になりますが、下の子が幼稚園に通っていた頃、TranscribeMe!に登録して数ヶ月間在宅ワークをしました。
数秒に切られた短い音声を聞いて、ルールに従って文字を打ち込むという作業でした。
常時配信されているとは限りませんが、基本的に24時間いつでもOKで、時間や曜日に関係なく作業できたので、夜間や週末に副業したい人でも大丈夫そうだなと思いました。

単価は音声の長さによって変わります。
入力ミス分は報酬なし。報酬は米ドル。ペイパルで受け取って、好きなタイミングで自分の銀行口座に移すという流れでした。

登録時にはテストがあり、最後に数分の音声を文字に起こす作業がありました。
結構時間がかかって面倒でしたが、1回で合格しました。

入力に細かいルールがあって、最初はマニュアルを読みながらモタモタの入力でしたが、ある程度覚えてからは次々入力できました。
自分でイヤホンかヘッドホンを用意する必要があります。
注意事項や連絡などは、SNSのようなアプリ(Yammarだったかな?)を使用していました。

当時、月何時間ほど作業していたかはっきり覚えていませんが、夜子供が寝ている時間帯に作業して、月1万円以上もらっていました。
PCの操作は、専門的な知識は必要ありませんでした。

いつでも登録できるわけではないようです。
TranscribeMe!の日本語のサイトを開き、画面のいちばん下の右側の「クラウドワーカー専用」の辺りを見ると、現在募集中かどうか分かりますよ。