兼業主婦ホクロおばさんのメンテナンス記録

アラフォーのホクロ除去・歯列矯正・在宅ワークなど

お金がかからない家庭学習・自主勉強(12)楽知んカレンダー

スポンサーリンク

こんにちは。
今日は久しぶりに家庭学習ネタです。

以前NPOの方からいただいたカレンダーに下の子がハマったので、2020年版を購入しました。
楽知んカレンダー(読み方: 楽知ん=らくちん)というもので、家庭学習に役立っています。
内容や価格についてご紹介しますね。

楽知んカレンダーの表紙

↓現在販売されている2020年版(2020.1~2021.3)
f:id:mama_mainte:20200126142133j:plain:w300
閉じた状態の大きさと厚さは、小学生が学校で使うB5サイズのノートとほぼ同じです。
1ヶ月が終わる度に破るタイプではなく、毎月めくるタイプです。

楽知んカレンダーの特長

① 週の始まりが土曜日

f:id:mama_mainte:20200126142711j:plain:w300
楽知んカレンダーに出会うまで、土曜日から始まるカレンダーが存在するなんて知りませんでした!
実際に使ってみるとあまり違和感なくて、これはこれでアリかなと思っています。

② 科学者の名前や誕生日を知ることができる

f:id:mama_mainte:20200126143527j:plain:w300
うちの子供達はこれがいちばんお気に入り。
毎朝「今日は○○の誕生日」「明日は△△の誕生日」などと教えてくれます。
私の知らない科学者もたくさん載っているので「その人は何をした人なの?」と子供に聞くと「○○を発明した人だよ」と。
まあ私は聞いてもすぐ忘れちゃうんですけど(笑)

③ 満月や○○流星群などの日がわかる

f:id:mama_mainte:20200126145502j:plain:w300
満月の日、流星群の日、金星と水星が…などなど、いろいろ載っています。
こういう情報が載ってるカレンダーってなかなか無いですよね?

④ ポジティブな読み物が載っている

f:id:mama_mainte:20200126150728j:plain:w300
開くと、上半分がポジティブな内容の読み物で、下半分がカレンダーになっています。
読み物の部分はふりがな付きなので、小学生でも読むことができます。

⑤ 子供でも書き込める

f:id:mama_mainte:20200126151342j:plain:w300
土日祝と平日でちょっと大きさが違うのですが、ちょこちょこ書き込むことが可能です。
高級感があるツルツルの紙質ではないので(良い意味で)、鉛筆でも書きやすそう。

⑥ トイレの壁に貼るのがオススメらしい

表紙に「トイレの壁に貼るといいよ」とあり、我が家でもトイレの壁に貼っています。
うちの下の子はトイレに行く度にカレンダーを眺めているようです。
年齢的にどこまで理解できているか分かりませんが、いろいろなことに興味を持つだけでも良いなと思っています(^^)

家庭学習にどんどん活用!

我が家の下の子は、家庭学習ノート(担任の先生に要提出)に、このカレンダーを活用しています。
”○月が誕生日の科学者”をノートにまとめてみたり、”今年の満月の日”のリストを作成してみたり。
私が考えて指示するのではなく、子供に任せて自由にやらせていますが、こういうのはおばさんより子供のほうがアイディア豊富ですね(笑)
学年が上がるにつれて、もっと深く調べることが出来るようになると思うので、どう変化していくのか楽しみです。

気になる価格は?どこで購入できる?

このカレンダーの価格、なんと500円(税別)でした!
2020年版の購入時に価格を知って、安くて驚きました。
私はNPOの関係者の方から購入したのですが、ネットでも買えるようになってるみたいですよ。
『楽知んカレンダー』2020年/年度 - 楽知ん商店街

もうすぐ1月も終わりですが、2021年3月まで使えるカレンダーなので、今からでもまだまだ使えます☆