兼業主婦ホクロおばさんのメンテナンス記録

アラフォーのホクロ除去・歯列矯正・在宅ワークなど

79才義父の運転免許を返納させたい!(1)典型的な「自分はまだ大丈夫」の義父

スポンサーリンク

こんにちは。
今日は、我が家が抱えている免許返納問題の話です。

f:id:mama_mainte:20190517094524j:plain:w400

義父(夫の父)が、79才で現役ドライバーです。
(一緒に暮らしている義母と義姉はもともと免許を持っていないので、運転するのは義父だけ。)
先日、夫が出張先から実家に寄る機会があり、免許返納の説得を試みました。

義父の主張「自分はまだ大丈夫」

今まで問題なく運転してきたから大丈夫って、気持ちは分かるんですけどね…。
ニュースで見る高齢者事故のドライバーだって、きっと「自分はまだ大丈夫」って運転してたと思うんですよね。
私たち夫婦としては、何か起きてからでは遅いから大丈夫なうちに返納してほしいのですが、まだ大丈夫なのに返納する必要はないと主張する義父。
「半年前の免許更新で認知症チェックのテストに合格したから大丈夫」って、更新出来たことで自信ついちゃってる様子です。

義母の考え「買い物に行けないと困るから仕方ない」

数年前から「暗い時間帯は運転NG」「知らない道は運転NG」と義父の運転に条件をつけるようになっていたので、返納に賛成していると思っていました。これは本当に想定外。
でも、義母にとって買い物問題が深刻なのは事実です。
お年寄りが気軽に歩いて行けるような距離にお店がありません。
それに、義母はかなり華奢なおばあちゃんなので、バスや徒歩でお店まで行ったとしても、買い込んだ食料品を家まで自力で運ぶことは体力的に無理そうです。
家からバス停までもちょっと距離があります。

義姉の考え「自分が免許を取る気はない」

義姉は運転免許を持っていません。
私たち夫婦は遠方に住んでいるので、姉が免許を取って義父母の足になってくれたら…と期待しているのですが、その気は全く無いそうです。
義父の運転がせっかちで危ないと気付いているけど、自分は運転に不向きだから免許取るつもりはないと。

便利な立地のはずが…

家からちょっと歩いた所にバス停があり、15分ほど乗るとJRの駅に着きます。その駅から電車1本で大都市へ行けます。
家のこの立地について、義父は「駅が近くて便利な場所」と昔から誇らしげ。
嫁的には、近所にコンビニもスーパーもないのに便利な立地なの?って感じですが(^_^;)
逆に、大きい駅までバスで何十分という私の地元を「辺鄙(ヘンピ)な場所」と言っています。
しかーし。
「週に1回しか外出しないんだし、便利な場所なんだから、車が無くてもバスと電車(と場合によってはタクシー)を活用したら良いんじゃない?」という話題になると「バスが1時間に○本しかないから」「バスと電車を乗り継がないと△△に行けないから」と、義父は交通の不便さを主張します。うーん。。。。

アナログファミリーなのでネットスーパーのハードルが高い

今のところ、頻繁な通院を必要とするような健康状態ではないので、義父母が車を必要とするのは週1回の買い物です。
家にパソコン(Wi-Fi完備)があるので、ネットスーパーを利用するのが良いんじゃないかなと私は思っているのですが、夫が提案してもダメでした。
超アナログな3人には、ハードルがかなり高いようです。
生協の個人宅配だったかな? ネットじゃなくて注文用紙で注文できるサービスもありますよね。
義母はまだ70代前半です。試しに利用してみたら、手軽さと便利さが分かると思うんですけどねぇ。

来月へ持ち越し決定

今回は決着がつかなかったので、来月また夫が実家へ行って説得することになりました。
単純に話をするだけでは説得出来なそうなので、具体的な代替案等、作戦を考えることにしました。

遠方に住んでいる嫁に出来ることは限られていますが、高齢者事故のニュースを見る度に、何か行動を起こさなくてはと思わずにはいられません。

続きはまた今度!